読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5.1さらうどん

@giginetの技術ブログ。ゲーム開発、iOS開発、その他いろいろ

『「レベルアップ」のゲームデザイン』が良書だったのでゲーム開発者はみんな読むべき

オライリーの『「レベルアップ」のゲームデザイン』が今月発刊されたようなので買いました

「レベルアップ」のゲームデザイン ―実戦で使えるゲーム作りのテクニック

「レベルアップ」のゲームデザイン ―実戦で使えるゲーム作りのテクニック


帯の「これ一冊でゲームデザインの全てがわかる!」は伊達ではなく、あらゆる分野にわたってわかりやすく網羅されています。文章もユーモラスでとっても読みやすい!


ゲームデザインはもちろんのこと、UIデザインやモンスター、キャラデザの心構えが書かれていたり、音楽周りの話、技術面の話もバッチリ網羅。企画志望者だけではなく、プログラマ、グラフィッカ、音屋さんなど、ゲーム製作に携わる人ならぜひ読んで欲しいです。チーム内みんなが読んで、価値観を共有できているとかなり製作もやりやすくなるかと。


内容としては、めちゃくちゃ目新しい・革新的な話が書いてあるわけではなく、ゲーム開発界隈では常日頃から言われ続けているような基本的な話がメイン。


この本の良いところは、「〜すべき」「〜べからず」というノウハウを体系化してグループ毎にしっかりとまとめ上げているところだと思います。
新たな知識を得られる以上に、自分の思考を整理する、行き詰まったときに立ち返る目的として、常に手元に置いておきたい一冊かと。


今までいろいろなゲームデザイン本を購入、立ち読みしてみましたが、ここまで網羅的かつ簡潔にまとめられている書籍は少なく、最初の一冊として自信を持ってオススメできる良書です。



最近、コンシューマ開発の現場などでお仕事をさせていただいている機会があり、常日頃から思っているのは、ゲーム作りのノウハウや効率の良い開発手法って本当に共有されていなくて、人海戦術とマンパワーでゴリゴリと作られているなぁと感じています。

なんでも「海外はこうだけど、日本は」という論調は好きではないんですけど、国内ではあんまりノウハウが体系化されてまとまっている資料がないと感じているので、業界の中の人がもっと発信して欲しいですね。

国内クリエイターだと以下の書籍が有名でしょうか。

デジタルゲームの技術 開発キーパーソンが語るゲーム産業の未来

デジタルゲームの技術 開発キーパーソンが語るゲーム産業の未来


ゲーム開発者側の書籍って少ないように見えて結構いろいろ出ていて、浅く広く目を通しておきたいなぁと思っています。僕のオススメ本を晒してみますが、他にオススメがあれば教えてください


桜井政博のゲームについて思うこと Think about the Video Games

桜井政博のゲームについて思うこと Think about the Video Games

横井軍平ゲーム館 RETURNS ─ゲームボーイを生んだ発想力

横井軍平ゲーム館 RETURNS ─ゲームボーイを生んだ発想力

「ヒットする」のゲームデザイン ―ユーザーモデルによるマーケット主導型デザイン

「ヒットする」のゲームデザイン ―ユーザーモデルによるマーケット主導型デザイン


そうそう、「CEDEC2012」開幕しましたね。今年こそはと思っていたのですが、試験と日程が被っちゃっていけませんでした。学生の間に一度足を踏み入れてみたい場所です。


桜井さんの基調講演もおもしろかったので、ご興味のある方はぜひ。
CEDEC 2012 生中継 1日目 桜井 政博氏 基調講演『あなたはなぜゲームを作るのか』 - ニコニコ生放送

Thanks to WPZOOM about nice icon sets.